アゼルバイジャン基本情報

PG_アゼルバイジャンの地図

アゼルバイジャンの認知度が日本国内では非常に低いので、今日はアゼルバイジャンの基本情報をお伝えしたいと思います。

国名:アゼルバイジャン共和国

首都:バクー

人口:約940万人(2012年 / 国連人口基金)

国土:約8万7000平方キロ(日本の約4分の1)

言語:アゼルバイジャン語

通貨:アゼルバイジャン・マナト(AZM)

GDP:10340米ドル(一人当たり:2011年)

1991年にソビエト連邦から独立したばかりの非常に若い国です。石油や天然ガスなどの資源が豊富ですが、経済的には長くロシアの影響をうけていました。しかし、2006年のBTCパイプライン(アゼルバイジャンの首都バクー、グルジアのトビリシ、トルコのジェイハンを結ぶパイプライン)が開通したことで、欧米からの投資が膨らみ、近年めまぐるしい経済成長を遂げています。

またトルコ系の民族が多く、トルコと同じく非常に親日国家です。

日本国内のメディアにはなかなか登場しない国ですが、非常に魅力あふれる国なので、多くの人がこの国に興味を持ってくれることを願うばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です